So-net無料ブログ作成

在特会からのお知らせ その228 [告知]

★ 会長職就任の挨拶(再掲載) ★
━─━─━─━─━─━─━
在特会会員の皆さまへ

本日より2年間、在日特権を許さない市民の会の会長職に就きます八木康洋です。

第5期の方針は変化であると示してきました。本日より、その変化の実践に移ります。私が会員の皆様に要求するのは、活動のやり方を変える事によって環境の変化に適応する事、すなわちどんな規制をかけられても目的遂行のために最適な方法を選ぶ事ができる組織へと在特会を進化させる事です。私達が絶対に変えてはいけないものは入管特例法の廃止の目的で、その目的達成のために私達が変わり得る組織である事を見せつけてあげましょう。

会長選挙から2週間が経ちましたが、その間も我が国では大きな変化がありました。衆議院の解散です。選挙の結果次第では、当初予定していた政治への働きかけも一から見直さなければならなくなるかもしれません。そしてまたもや予想通りの反日勢力によるキャンペーンがありましたが、3日ともたずに撃沈しました。七年前の第一次安倍政権の時に、朝日新聞が中心となって「小学生にまで馬鹿にされる安倍総理」のキャンペーンを張り、当時はその世論作りに成功したようですが、今回の@why_kaisan騒動も当時の成功体験を再現したい反日NPOと朝日新聞をはじめとする反日メディアがグルになって同じ様な一斉攻撃を仕掛けただけの話でしょう。彼等には、7年の間に国民が学習してそう簡単にマスコミに騙されなくなったという現実が見えなかったようです。このように変化に適応できない組織というのは、潰れていくだけであります。かつての左翼も運動の方法を変える事ができずに殺し合いにまで発展し、今では朝日新聞等の反日マスコミしか相手にしてくれなくなりました。殺し合いさえも辞さない左翼の戦いの歴史というのは、ある側面で効果があった事実がありますのであまり批判ばかりもしていられないのですが、私達は中核派や革マル派等の左翼運動の自滅行為からきちんと学習し、環境の変化に適応し得る組織を作り上げなければならないと思います。

変化を実現するために、早速、今月から行動をおこします。まずは東京で在特作戦会議(仮名称)を開き、会員の皆様から意見を聞き出します。このような機会を日本全国で展開して皆様から意見を集約します。なるべく早いうちに日本全国の在特作戦会議(仮名称)に私が顔を出し、会員の皆様から直接意見を聞きたいと思います。皆様からの貴重な情報提供をお待ちしております。私達のところには既に複数件の在日からの朝総連、民団による被害のタレ込みが入ってきております。こういう一つ一つの事実を集めて、これまで敵対勢力が行ってきた人権侵害や在日特権の実態を行政サイドに訴え、国際社会に発信して参ります。今、Yahooの画像検索で「勧進橋公園」と入力すると、朝鮮学校の就学児童が遊んでいる写真が上位に出てきます。誰かこの状況に抗議をした人がいたのでしょうか。こういう事を書くと、早速、勧進橋公園に外国人排斥の貼紙等をする輩が出てきそうなので、あらかじめそういう事はやめなさいと言っておきます。私達は朝鮮学校による公園の独占(人種差別撤廃条約違反)を糾弾しましたが、在日であろうとほかの外国人であろうと公園の利用に関して外国人の排斥を主張した憶えはありません。在特会はどのような人種・民族であろうとも平等に利用できるようになった現在の勧進橋公園の状態を高く評価しております。それにもかかわらず在特会の行為を差別目的と言い、真実を捩じ曲げようとしている連中もいますが、今後も、在特会はしつこく真実を発信し続け、目的の正当性を訴え続けます。近い将来、反日組織に加担して人権侵害を行ってきた連中や我々日本人を不当に扱ってきた司法・立法・行政の権力者等を国際批判の場に引き摺り出し、今の朝日新聞のようにしてあげましょう。

これから2年間の任期におきまして、会員の皆様からの情報、意見が重要になります。これまでデモ行進や街宣活動に参加していただきました皆様、プラカードに書いた主張を見つめ直し、考えをまとめ、各支部の運営や在特会の執行役に伝えて下さい。会員の皆様の意見が在特会を動かし、日本を良くするための原動力となります。皆様のご協力をお願い申し上げ、就任の挨拶とさせていただきます。

平成26年12月1日
在日特権を許さない市民の会
会長 八木康洋


★ 『大嫌韓時代』出版のお知らせ ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
在特会会員の皆様へ

9月24日に青林堂より桜井誠著『大嫌韓時代』(定価1,200円)が発売されました。同書では現在の日韓関係に重点をおきながら在特会の活動をリンクさせて紹介しています。過去書き下ろしてきた書籍と違い、在特会の紹介を一章丸々使って記述させて頂いています。もちろんすべてを紹介できた訳ではありませんが、国際的知名度を得た日本で唯一の市民団体の素顔を紹介する初めての書籍です。在特会会員の皆様には是非とも一冊ご購入頂ければと思います。

すでに発売されていますので以下の公式サイト書籍紹介URLよりお申し込みください。
http://www.zaitokukai.info/modules/news/article.php?storyid=633


★ 京都裁判について ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
在特会会員の皆さまへ

日頃より会の活動をご支援頂き誠に有難うございます。
朝鮮学校による児童公園不法占拠事件についての抗議活動が問われた京都朝鮮学校裁判について一審及び二審判決が下り、大変残念ながら巨額の賠償金支払い命令が宣告され被告側の全面敗訴となりました。このため在特会を含む被告側は7月17日付で上告手続きを行い、今後判決の不備不当を訴えて最高裁の判断を仰ぐことになります。

最高裁で判決が変更されれば差額分は朝鮮学校側から取り戻すことができますが、現時点では高裁判決が下ったため判決の賠償命令に従わなければならない状況です。そのため判決後より会員の皆さまに広く支援を呼びかけて参りました。皆さまの暖かいご支援を受けてある程度まで賠償金の支払い目途がたってきましたが、それでも額があまりに高額のため現時点でもまだ満額支払える状況にはありません。

また今後の最高裁の判断を仰ぐまでの期間毎月弁護士費用なども掛かるため、こうした裁判費用が会の活動を圧迫しないよう改めてのお願いで大変恐縮ではありますが、在特会の会員の皆さまに会長として強くご支援を求めさせて頂きます。決して景気の良くない中で恐縮の極みではありますが、京都朝鮮学校の所業に憤りを覚える会員の皆さまの意思表示として重ねてご支援ご協力をお願い致します。

ご支援先は

在特会 寄付のお願い
http://www.zaitokukai.info/modules/about/zai/endowment.html

または

京都朝鮮学校裁判を支える会
http://ameblo.jp/hutonikatu/

どちらでも結構ですので宜しくお願いします。


★ 国連人種差別撤廃委員会へレポート提出 ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
国連人種差別撤廃委員会へレポートを提出しました。

PDF(英文)
http://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CERD/Shared%20Documents/JPN/INT_CERD_NGO_JPN_17756_E.pdf


★ 在特会各支部運営参加のお願い ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
在特会会員の皆さまには日頃より当会の活動にご理解とご支援を賜りありがとうございます。すでにご承知の通り、当会は各地に支部を設置し行動する保守運動の浸透拡大を図っています。しかし、大都市圏はともかく地方支部の活動は運営の少なさからなかなか思うような活動ができない状況です。
また、まだ在特会の支部が設置されていない地域もあり、ぜひ会員の皆さまのお力添えをいただきたいと切に願うものです。現在、設置されている支部はもちろん、未設置の地域に在住の方も在特会の会員(メール会員も含む)であればどなたでも運営としてご参加いただけます。以下の要領に従い各支部の運営として、会員の皆さまがより積極的に運動展開にご協力いただけますことを心より願っています。

詳細はこちらをご覧下さい。
http://bit.ly/1i1kOhA


★ 1000円寄付のお願い ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
最近の在特会は、活動の幅が広がったことにより必要経費がかさんでいること、また裁判関連の費用も今後さらに負担が増すことが予想されるなど、財政的に黄色信号が灯り始めているのが実情です。これまで支援者の皆さまからの暖かい寄付収入を主な財源として当会は運営してまいりましたが、今後の予算状況を鑑みてより安定的な財政措置を採ることが急務と執行部では判断いたしました。
そこで、一般の寄付とは別に在特会のすべての会員の皆さまに『1000円寄付』を呼びかけることになりました。決して景気の良いご時世ではありませんが、在特会の会員としてご登録いただきました心ある皆さまに少しずつ応分の負担をお願いできれば有難く存じます。
『1000円寄付』は一口1000円から何口でも結構です。呼びかけは強制ではありませんが、可能な限りご協力いただけますようお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧下さい。
http://bit.ly/QdN0Ed


★ 在特会ピックアップイベント ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
< 在特作戦会議 in 東京 【東京支部】 >
在特会第5期新体制の第一弾として、予告通り在特作戦会議を行います。会員の皆様から広く意見を集める機会となりますので、皆様、ご参加下さい。今回は新会長の八木が参加して皆様と活動方針について議論いたします。
会の宣伝や思想の流布を目的とした集会ではありませんので、会議の場で特定の民族に対するヘイトスピーチや我々執行役に対するヘイトスピーチ、批判等を言っていただいても構いません。ただし、会の運営に利益とならない意見や主張は執行役会議に採用されることはありませんので、あらかじめご了承下さい。
【日時】
平成26年12月7日(日)
午前10:00 集合
【場所】
靖国神社茶店に集合して下さい。場所を移動して会議を行います。

詳細はこちらをご覧下さい。
http://goo.gl/gYw17h


★ 今後の活動予定(全国版) ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
※ イベント詳細は公式サイトをご覧ください ※

◇ 12月7日(日)◇
在特作戦会議 in 東京 【東京支部】
http://goo.gl/gYw17h


◇ 12月14日(日)◇
酒話会 in 滋賀 【滋賀支部】
http://goo.gl/PaGim5

忘年会 in 福岡 【福岡支部】
http://goo.gl/wfN8Si


◇ 12月21日(日)◇
灯せ原発! 福島アクション 12・21 【福島支部】
http://goo.gl/S4IRuX


★ 行動する保守運動カレンダー開設のお知らせ ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
行動する保守運動のスケジュールを掲載するカレンダーを開設しました。

行動する保守運動カレンダー
http://calendar.zaitokukai.info/

是非、ご利用下さい。


★ 在特会からお知らせ ★
━─━─━─━─━─━─━─━
< 各支部運営参加のお願い >
すでにご承知の通り、当会は各地に支部を設置し行動する保守運動の浸透拡大を図っています。しかし、運営の少なさからなかなか思うような活動ができない状況です。

また、まだ在特会の支部が設置されていない地域もあり、ぜひ会員の皆さまのお力添えをいただきたいと切に願うものです。現在、設置されている支部はもちろん、未設置の地域に在住の方も在特会の会員(メール会員も含む)であればどなたでも運営としてご参加いただけます。以下の要領に従い各支部の運営として、会員の皆さまがより積極的に運動展開にご協力いただけますことを心より願っています。

運営応募詳細についてはこちらをご覧ください。
http://www.zaitokukai.info/modules/news/article.php?storyid=533


< 寄付のお願い >
会員の皆さまには日頃より在特会の活動をご支援いただき誠にありがとうございます。皆さまのおかげをもちまして会の活動も全国に広がり、これまで以上に『行動する保守運動』 は社会により大きな影響を与えるようになりました。しかし、その一方で特定のスポンサーを抱えず支持者の皆さまの善意の寄付に頼っている当会の財政事情は、運動の全国展開にともない極めて厳しい状況になってきています。

世上取り巻く情勢が厳しさを増す中で大変心苦しい限りですが、会員の皆さまにおかれましては一人でも多くの方の特別会員への加入、あるいは会への寄付を通じて財政的なご協力をお願いします。

在特会の活動を支える皆さまの温かいご支援ご協力に心から感謝申し上げます。

・寄付の方法はこちらをご覧ください
http://www.zaitokukai.info/modules/about/zai/endowment.html

・特別会員登録はこちらをご覧ください
http://www.zaitokukai.info/modules/news/article.php?storyid=556


2014-12-06 22:47  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。