So-net無料ブログ作成

『カウンターと暴力の病理 反差別、人権、そして大学院生リンチ事件』、発売さる [ニュース]

反日ハンター・神功正毅です。


            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l   . ヽノ .V l
  l ,=!  l  ///    ///l l   ねんがんの『(前略)リンチ事件』をてにいれたぞ!
  l ヾ! ', l    ヽ_フ   l l
  |  ヽヽヽ        //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |_"____
  li   /l, l└ タl」/l´        `l
  リヽ/ l l__ ./  |_________|
   ,/  L__[]っ /      / 


(前略)リンチ事件













というわけでまずは「しばき隊リンチ事件」の暴行シーンの音声データを収録したCDに
「長いナイフの夜」到来? ~SS文書と「十三ベース事件」の音声データが一部公開される(前編)
で書いたセリフや殴打する音が入っているかを検証しました。
その結果
金「で、そんなことを鵜呑みにしてんの?その文章のことを。何でレイシストの文章を・・・」
凡「なんで俺に言うねん。オマエなぁ、エル金さんがなぁ!どんなつもりでカウンター来てると思ってんねんオマエ。オマエほななんで俺にゆーたんや。なぁ!オマエ、ぜんぜん許せへん。ウッウッウッ。オマエ何で俺に言うねん。」
李信恵「凡ちゃんは座わってぇ。また。」
金「(小さい声で)来いやおら。(7~8発激しく殴る音と同時に)疑ったんかゆーとんのじゃ!クソガキゴラァ。おい。疑っとんかい俺のことを。どっちや。(1~2発ほど殴る音)」

主水「疑ってません。」

金「答えてみぃ。ゴラ。かかってこい!かかってこいや!言ったんやろが俺のことを  やったらぁゴラ!かかってこんかい!このクソガキがゴラァ。かかってこい。やったるあぁ。やったるぁ。ゴラァ、かかってこい。どっちや!やんのかい!(4~6発殴る音)」

金「勝負する根性あるんか聞いとんのやボケィ!(1発)ゴルァ。どっちや!答ええ。答ええ、ヘタレゴラ。ヘタレ!(1発)。ヘタレがこら!(1発)答ええ。答ええゴルァ。どっちや。どっちやコラァ。どっちや!!!」
凡「たんま!たんま!たんま!たんま!たんま!」
金「俺が銭とったんかい。疑ってんのかい。コラ。どっちやねん!(1発大きな殴る音)オマエコラ。おい!どっちやゆーとんじゃこら!お前、ヘタレ!ヘタレ!こらぁ。疑ってんねんやったらオマエかかってこいやぁ。どっちや!俺を貶めたかったんかい!(1発)おい!どっちやこら。M。おい、M!おい。何や!何が言いたいんや俺に。」
金「どないやねん。コラ。(数秒後)訴えてみいや暴行で。警察行くか?訴えてみろや、来いよ。オマエ。訴えてみぃ。訴えたろや。(1発)訴えてみぃや。クソガキコラ(1発)オマエ。あぁ!?(1発)訴えてみぃやオマエ。おい。訴えてみいや、クソがコラ(1発)訴えてみぃや。訴えてみぃや言うとんねん(1発)オマエ。オイ!クソがホンマ。訴えてみろやおい。」
金「ねぇ!起訴しろや。暴行や言うて、起訴しろや。起訴しろやお前。やってみぃや。やってみぃ。お前一生かけてお前。お前一生かけてお前。その代わりお前世間で歩かれへんでお前。」
李信恵「まぁ殺されるんやったら店の中入ったらいいんちゃう?」
金「分かった。何や。何や。何や。裁判で法廷で争うか?やるか?俺かまへんで?暴行罪で。上等やんけ。俺呼んだらブタ箱ぶち込んでみぃや。これで。やってみぃや。あ?納得いかへんのやろ?やってみぃや、ヘタレ。ケツ4日なんやろ?どうせ。あん?訴えたらええやんけそれやったら。徹底的にこっちもやったろやないけ。それで俺がパクられても上等やんけお前。(判別不能の声)売るか売れへんか見てみろや。頭下げへんで。お前なんかに。訴えられたって。あん?カウンターの全員?1000、2000おるカウンター全員?お前の味方してくれる奴何人おんのやろのぅ。これで。京都朝鮮学校の弁護団?お前の味方になってもらえると思うか?全員。KさんとかMさんでもAさんでも誰でもええわ。今おるあいつらも。Iさんでも、Tさんでも男組でも。お?勝負したろやないけ、それやったら。やるか!?!?どっちや!?」
金「訴えてみぃやお前!!(1発)おぉ、いつ起訴する?やってみぃ。(1発)コラ。いつや?明日か?明後日か?どないすんねん。弁護士事務所ドコ行くねん?どの弁護士行くねん。やってみぃや!コラ(1発)。クソが。やってみぃ、やってみぃ言うとんのやぁお前(1発)。おい。腹くくったから手ぇ出しとんねん、こっちはお前。あぁ?やったらええやんげ、やんのやったらぁ。受けたるからぁ。とことん。お前その代わり出た後、お前の身狙ろて生きていったんぞコラ。どないすんねん。あぁ?やんのんかい!!」


これらの言葉や殴打音が全て入っていました。


要するに上記エントリーで紹介した高島章氏のツイートは真実だったということです。



12月8日に発売された『カウンターと暴力の病理 反差別、人権、そして大学院生リンチ事件』の当日上げるべきレビューをなぜ2日遅れて書いたのか?
同書のCDを聞いた当会会長、八木康洋が
Twitter/八木康洋
https://twitter.com/f_pignon/status/939154612594008067
<引用開始>
#十三ベース事件 の音声聞いてしまった。
本当に気分が悪くなる。ネットでグロテスクな映像に付いてくる「閲覧注意」のような警告文が必要だと思われる内容だよ。今晩は眠れそうにない。本日は大東亜戦争の開戦記念日で、世間一般にはボーナス支給日だというのに、ショックがでかい。
<引用終了>


同/同
https://twitter.com/f_pignon/status/939279930386391040
<引用開始>
#十三ベース事件 の音声は至る所に耳を塞ぎたくなるような音が入っている。
よく在特会とカウンターは一緒だと言う人がいるが、やめてくれ。確かに在特会には馬鹿っぽく見える人や行動があるけれども、決して連中のようなクズ人間ではない。この音声に出てくるような輩には一度も会った事がない。
<引用終了>



こう書くように内容がグロテスクであると予想されるため、心と体をリフレッシュした万全の状態でなければ視聴とレビューを途中で断念することになっていたであろうからです。



そしてこの事件は私にとっても決して他人事ではなく、彼らの暴力の最優先目標は在特会の関西地区担当副会長である私、神功正毅であることは火を見るよりも明らかです。

主水氏が私より先にリンチされた
のはただ単に在特会に逆らって朝鮮人に与する愚挙を犯し、
あの国のあの法則
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html
<引用開始>
【絶対法則】
第一法則
国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。
<引用終了>

さらにエル金がA会のT氏から金をもらっていたという「疑惑」を広めるという中途半端に朝鮮人に逆らったためにしっぺ返しを食らったに過ぎません


あの事件がなければ主水氏も彼らと一緒に嬉々として私をはじめとする保守派リンチにかけて殺し、
後始末は任せとけ










死体すら見つからない「行方不明」にすることも十分にあり得ました。



では朝鮮人に逆らい、リンチに遭った彼は明日の「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(vs李信恵ら5名)の第三回口頭弁論、そして同裁判の判決において
あの国のあの法則
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html
<引用開始>
第一法則
国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。
第三法則
第一法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)から嫌われると法則を回避できる。この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。
第四法則
第一法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と縁を切った場合、法則を無効化出来る。
第六法則
第三法則、第四法則において、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。
<引用終了>


勝訴という名のヴィクトリーロード
(勝利への道)

を歩むことができるでしょうか?


「しばき隊リンチ事件」の実態が広く国民に知れ渡り、裁判官が李信恵ら5名への怒りを共有すれば決して不可能ではありません。


だから『カウンターと暴力の病理 反差別、人権、そして大学院生リンチ事件』を

買え
よ国民!

ギレン・ザビ演説 ~ガルマ国葬~銀河万丈さんの生演説
https://www.youtube.com/watch?v=aN4ztZKuXHc





付録のCDを聞けばある男の一夜を1時間で体験するだろう。その男とともに人の世の限りなき哀しみに涙するがいい!
人の世の限りなき哀しみに涙するがいい!











そして、

天を衝く怒りに身を震わせるのだ!!










天を衝く怒りに身を震わせるのだ!





「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(vs李信恵ら5名)の第三回口頭弁論まであと

1日



2017-12-10 19:55  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]